野球用グリップテープ滑らない、デザイン最高、高機能なLizard Skins

2018年1月3日

目次

自転車のハンドル用バーテープの技術を野球のグリップテープへLizard Skins

今回ご紹介するのは、ベースマンではすでにおなじみになっているグリップテープ。

リザードスキンズです。

ベースマンプロネットタウンの出荷ランキングでは毎回1位。もう殿堂入りでもいいのではないかと考えております。

各メーカーさんからグリップテープは発売されておりますが、リザードスキンズのグリップテープがなんで人気なのか一度掘り下げてみたいと思います。

競技用自転車のバーテープ(ハンドルに巻きつける部分のテープ)の技術を野球バットへ

bike_img

リザードスキンズは1993年に自転車用アクセサリーのハンドルグリップテープ(バーテープ)の販売を開始し、ロードバイク用のバーテープとして、DSP(DuraSoftポリマー)が非常に高評価を得ました。

ロード用バイクのバーテープは1,000円前後のものが多いのですが、リザードスキンは3,000円。

しかしその確かな性能で利用者が急増しているそうです。雑誌などでも高評価を得ているようです。

さて、リザードスキンという少し変わった名称。

リザードスキン(Lizard Skin)とは「トカゲの皮」という意味。

とはいっても、本物のトカゲの皮を使っているわけではなく、雨が降ってようが、晴れていようがどのような状況下でも柔らかさと粘着性の適切な組み合わせがトカゲの皮のようという事で、この名称になったようです。

このバーテープで自転車業界から高く評価されたため、2012年に野球用グリップテープに技術を取り入れ販売が開始されました。

その後、メジャーリーグ(MLB)では実力が評価され、木製バットにリザードスキングリップテープを巻いている大リーガが急増しております。

あのメジャー屈指のクラッチヒッター「ビッグ・パピー」やマリナーズ・カノも使用

リザードスキングリップテープは多くのメジャープレイヤーに利用されています。

>>英語のサイトですが、リザードスキンと契約しているプレイヤーが確認できます。

lizard_staff

https://lizardskins.com/baseball/athletes

メジャーリーグではすでにリザードスキンは有名。メジャーでもビッグネームが使用しています。

特にメジャー屈指のクラッチヒッターで、今季引退を表明したレッドソックスの「オルティズ」。

私も大好きな選手で、見た目はちょっと強面ですが、面倒見がよく非常に慕われていることから「ビッグ・パピー」という愛称もあるぐらい。

オルティズもこのグリップテープを使用しています。

左打席から繰り出す強烈なアッパースイングで、軽々とスタンドインさせるスタイルは憧れますよね。

リザードスキンズオルティズ

オルティズはネオンカモを使用しているみたいです。

 

またイチローとも非常に中が良い、カノーも契約選手の一人。

リザードスキンズカノ

このカラーは多分特注。マリナーズカラーかな?

定番カラーではないグリップテープです。似たので、ヤマサキカモやブルーカモなどはあります。

 

さらにさらに、サンフランシスコ・ジャイアンツの野球センスと運動センスの固まり「ハンター・ペンス」選手も使用しています。

リザードスキンズハンター・ペンス

 

極めつけは2016年ワールドシリーズ制覇のカブスから、アンソニー・リゾも使用中。

シカゴ・カブス アンソニー・リゾ

 

金属バットにはもちろん!木製バットに巻くのが流行り!?

このグリップテープは金属バットにはもちろん。メジャー選手も使っている通り、木製バットに巻いて使う方が多くいます。

木製バットのすべり止めといえば・・・

そう、パインタール(松ヤニ)を使う方がいますね。スプレータイプもあります。

でも、この松ヤニタイプはとにかくベタベタしてメンテナンスが面倒。友達に木製バットを貸して、パインタール使われて松ヤニが取れない。なんてこともチラホラ聞いたことがあります。

その点、グリップテープならメンテナンスは楽。さらにすべらない。

昔は木製バットにグリップテープはかっこ悪いなんて時代もあったような・・・。

でもリザードスキンの場合は、単色もありますが、木製バットにも金属バットにもあうカラーが豊富にあります。

非常にカラフルで、デザイン性が高いグリップテープですが、学生用の黒などのワントーンももちろんあります。

さらにメジャーでは結構多いのですが、木製バットにこのリザードスキンを巻く選手が多くいます。

木製バット グリップテープ

巻くのは普通の金属バットと同じイメージ。

mokusei_grip2

動画もあります。英語ですが・・・

 

Wrapping the Knob from Lizard Skins on Vimeo.

2018年1月3日追記:「MLBチームカラーモデル」発売開始

MLBのアメリカンリーグ15チームとナショナルリーグ15チーム、計30チームのチームイメージカラーをデザインしたリザードグリップが登場しました。

チームロゴも入っております。

まずはアメリカンリーグをご紹介。

リザードスキンズグリップテープMLBアメリカンリーグチーム

リザードスキンズグリップテープMLBアメリカンリーグ

アメリカンリーグは

東地区
・ニューヨーク・ヤンキース(YANKEES)
・ボストン・レッドソックス(REDSOX)
・トロント・ブルージェイズ(BLUEJAYS)
・タンパベイ・レイズ(RAYS)
・ボルティモア・オリオールズ(ORIOLES)

中地区
・シカゴ・ホワイトソックス(WHITESOX)
・クリーブランド・インディアンス(INDIANS)
・デトロイト・タイガース(TIGERS)
・シアトル・マリナーズ(ROYALS)
・ミネソタ・ツインズ(TWINS)

東地区
・ヒューストン・アストロズ(ASTROS)
・ロサンゼルス・エンゼルス・オブ・アナハイム(ANGELS)
・オークランド・アスレチックス(ATHLETICS)
・シアトル・マリナーズ(MARINERS)
・テキサス・レンジャーズ(RANGERS)

今期メジャーに挑戦する大谷選手が所属するエンジェルスもアメリカンリーグの東地区ですね。

 

続いてナショナルリーグ

リザードスキンズグリップテープMLBナショナルリーグ

リザードスキンズグリップテープMLBナショナルリーグ

東地区
・アトランタ・ブレーブス(BRAVES)
・マイアミ・マーリンズ(MARLINS)
・ニューヨーク・メッツ(METS)
・フィラデルフィア・フィリーズ(PHILLIES)
・ワシントン・ナショナルズ(NATIONALS)

中地区
・シカゴ・カブス(CUBS)
・シンシナティ・レッズ(REDS)
・ミルウォーキー・ブルワーズ(BREWERS)
・ピッツバーグ・パイレーツ(PIRATES)
・セントルイス・カージナルス(CARDINALS)

東地区
・アリゾナ・ダイヤモンドバックス(DIAMONDBACKS)
・コロラド・ロッキーズ(ROCKIES)
・ロサンゼルス・ドジャース(DODGERS)
・サンディエゴ・パドレス(PADRES)
・サンフランシスコ・ジャイアンツ(GIANTS)

ナショナルリーグは前田選手が所属するドジャースがありますね。

厚さは1.1mmのみとなります。

 

2017年12月11日追記:「MLB選手モデル」発売開始

限定のMLB選手モデルも発売されました。

リザードスキンズ野球グリップテープ新色MLBメジャー選手

今回はMLBの3選手のホームとアウェイのカラーリング仕様となっています。

ホームとアウェイでは、カラーが逆色になっています。

また直筆ではありませんが、サイン入りとなっております。

それでは一人ひとり見ていきましょう。

ボストンレッドソックス|ムーキー・ベッツ選手(Mookie Betts)

走攻守をハイレベルで実現しているレッドソックスの外野手です。

マーカス・リン・ベッツ(Markus Lynn “Mookie” Betts, 1992年10月7日 – )は、アメリカ合衆国テネシー州ウィリアムソン郡ブレントウッド出身のプロ野球選手(外野手)。右投右打。MLB・ボストン・レッドソックスに所属。
引用:wikipedia|ムーキー・ベッツ

ムーキー・ベッツリザードスキンズグリップテープ

ホームが白メイン、アウェイがレッドメインとなります。ムーキーベッツのサイン入りです。

シカゴ・カブス|アンソニー・リゾ選手(Anthony Vincent Rizzo)

シカゴ・カブスの一塁手。2016年のワールドシリーズチャンピオンにも貢献したアンソニー・リゾ選手。

アンソニー・ビンセント・リゾAnthony Vincent Rizzo , 1989年8月8日 – )は、 アメリカ合衆国フロリダ州フォートローダーデール出身のプロ野球選手一塁手)。左投左打。MLBシカゴ・カブス所属。愛称はトニー[2]

アメリカ合衆国で生まれ育つ。両親はともにイタリア人であり、国際大会のワールド・ベースボール・クラシックにはイタリア代表として出場している。
引用:wikipedia|アンソニー・リゾ

アンソニー・リゾ選手限定リザードグリップテープ

ホームがブルーで、アウェイがレッドです。

カモというよりは、稲妻のようなイメージでかなりかっこいいですね。

カンザスシティ・ロイヤルズ|エリック・ホズマー選手(Eric Hosmer)

続いては2017年はカンザスシティ・ロイヤルズに所属。MLBの名一塁手でもあるエリック・ホズマーモデル。

エリック・ジョン・ホズマー(Eric John Hosmer, [ˈhɒzmər] 1989年10月24日 – )は、アメリカ合衆国フロリダ州ハイアリア出身のプロ野球選手(一塁手)。左投左打。現在はフリーエージェント。愛称はパポ[2]
引用:wikipedia|エリック・ホズマー

 

エリック・ホズマー限定グリップテープ

ホームがイエロー、アウェイがブルーです。

 

新色も登場!

パープルのあのアニメを彷彿とさせるカラーも発売されました。

リザードスキンズ新色グリップテープCHAOS

カオス(CHAOS)というカラーネームで、意味は無秩序、大混乱、(天地創造以前の)混沌(こんとん)などですね。

個人的には完全に「エ●ァンゲ●オン」のあのカラーにしか見えません。

こちらのカラーも発売中です。厚さは0.5mm、1.1mm、1.8mmとあります。

 

 

2017年12月8日追記:定番カラー「カモ柄6種類」発売開始

定番のカモ柄に6種類のNEWカラーが追加されました。

グリップテープリザードスキンズNEWカラー追加

  • タイダルカモ:日本語にすると「潮汐」海の満ち干きをイメージさせます。
  • ハンターカモ:すでに他の分野でもハンターカモは有名なカラーですね。
  • アークティックカモ:日本語にすると「北極」イメージ通りですね。
  • クリムゾンカモ:濃く明るい赤(クリムゾン)を基調としたカモ柄。
  • マイアミカモ:これはイメージ通り。マイアミマーリンズのイメージカラーですよね。
  • ワッキーカモ:変わった、奇抜なという意味のワッキー。絶妙なバランスですね。

 

2017年9月29日追記:限定カラー「FREEDOM」発売開始

超限定のフリーダム(星条旗)カラーが限定発売されました。

厚さは1.1mmのみですが、かなりかっこいいです。

リザードスキンズ野球グリップテープ限定フリーダム(星条旗)カラー

通常のリザードは丸型のくぼみがありますが、フリーダムは星条旗の星(★)さらにエンボスストライプが入っています。

日本に入荷してくる数は限られており、数量限定です。

非常に評判になっているので、気になる方は早めのキープがオススメ。

木製バットにも、似合いますね。

リザードスキンズ グリップテープ 星条旗カラー FREEDOM 正規輸入品

ベースマンショップ 楽天新ロゴ ベースマンヤフーショップ
リザードスキンズ/グリップテープ星条旗カラーFREEDOM正規輸入品
ベースマンで
CHECK!
リザードスキンズ/グリップテープ星条旗カラーFREEDOM正規輸入品
楽天ショップで
CHECK!
リザードスキンズ/グリップテープ星条旗カラーFREEDOM正規輸入品>
yahooショッピングで
CHECK!

 

 

2017年6月9日追記:リザードスキンズグリップテープに厚さ1.8mmタイプが新登場!

リザードスキンズに厚さ1.8mmバージョンが新登場です。

カラーはカモ系カラーと単色系です。

実際にグリップに巻いて見ました!

野球用グリップテープリザードスキンズ1.8mm

グリップが太くなるのがすぐに分かります。

さらにグリップテープの重なり合いの部分がより凹凸を作るので、溝も深くなり、しっかりと指をバットに食い込ませたい方にはオススメですね。

クッション性も非常に高くなります。

1.1mmとくらべてみました。写真だと分かりづらいですね。

グリーンが1.8mmで黒とオレンジのツートンカラーが1.1mm。

最大の違いはやはり巻いた時の溝の出来具合。これは好みとなりますが、バットの芯を感じたいなら薄めのグリップにして、シビレや衝撃などを和らげたいなら1.8mmにするのもありです。

またフレアグリップ(タイカップ型)には1.8mmは不向きです。
フレア部分がかなり分厚くなりうまく巻けません。

フレアグリップタイプは1.1mmもしくは0.5mmをオススメします。

ベースマンでは1.8mmも在庫していますよ!

 

 

 

2017年5月19日追記:リザードスキンズグリップテープに新色追加!

大人気のリザードスキンズグリップテープに新色が追加されました。

今回はカモ柄1色と2トーンカラー1色の追加です。

2トーンカラーには「レッド×ロイヤル(RDRY)」です。

リザードスキンズレッドロイヤル(RDRY)

さらにカモ系では「ホワイトカモ(WTCM)」が追加です。

リザードスキンズ新色追加ホワイトカモ(WTCM)

このホワイト(白)とロイヤル(青)とレッド(赤の)組み合わせ、結構歴史があって脈々と受け継がれる大人気カラーの血統です。

 

一番歴史があるのが、パトリオットカモ。その後ダイナマイトカモが登場して、今回ホワイトカモ。
白の勢いが増しています。

どれも大人気のカモ柄なので、お好みで選んでくださいね!

 

リザードスキンズグリップテープ(カモフラージュ)

当店一番人気のカモフラージュ系のグリップテープ。

アメリカンなカラーで、日本にはあまりない感覚。かっこいいです。

バットグリップテープ「リザードスキンズ」カモ柄

 

リザードスキンズグリップテープ(単色)

単色カラーも豊富です。ブラックも人気ですが、ピンクやネオン系も良く出ています。

リザードスキングリップテープ単色系カラーバリエーション

 

リザードスキンズグリップテープ(ツートン)

2色使いのストライプ系のカラーです。

 

野球用グリップテープリザードスキンズ2トーンカラーラインナップ

 

ベースマンでは、全部のカラーバリエーションを在庫しております!

カモフラージュ系と単色系は厚さ1.1mmと0.5mmがあります。

よりクッション性を求めるなら1.1mm。バット本来の太さや感覚が大事なら0.5mmがベスト。

ぜひお試しください!

rizardskin_16-02

ベースマンプロネットタウンでチェック!

ベースマンプ楽天市場店でチェック!

ベースマンyahooショッピング店でチェック!

 

最後に

野球の場合、リストバンドやアンダーシャツなど少しオシャレをしようとしてもなかなか難しいところがあります。

ユニフォームはチーム全員同じですし。

こういったグリップテープなどで少しデザイン性を出してもおもしろいのではないでしょうか。

また、リザードスキンズでは、バッティング手袋も発売しております。

こちらもアメリカンなデザインで大人気。ぜひチェックしてみてください。