14度の温度を2時間キープする特殊な保冷剤。野球の熱中症対策にも威力あり

2019年7月20日

設定温度14度以下であれば、固まる新素材を採用した特殊保冷剤「クールパックス(COOL PAX)」。冷たすぎず快適な温度を長時間キープ。野球の練習や試合での熱中症対策やアイシングにも最適

熱中症対策やアイシングに最適な14度をキープするクールパックス

夏場の野球は、本当に暑さとの戦い。熱中症対策やお弁当の保冷、アイシングなどクールアイテムは必須となります。

ということで、今回は夏の暑さ対策用のアイテムをご紹介。

ウルトラクールという特殊保冷剤なのですが、14度の温度をキープしながら2時間という長時間温度をキープしてくれるスグレモノ。

もちろん再利用も可能で、冷凍庫なら30分。14度以下の冷蔵庫の中でも約1時間で固まります。

14度の温度をキープし、さらに14度以下になれば固まってきます。
クーラーバックに入れておけば固まっている状態が長く続き、夏場のお弁当保冷などにも効果を発揮します。

クールパックス6パック

こちらは6パックのタイプですけど、見た目は普通です。ちょっと普通の保冷剤より白っぽいですかね。

この特殊保冷剤ウルトラクールはアメリカのTECHNICHE社により開発された商品です。

アメリカの方では、クールパックス(COOL PAX)という名称で発売されています。

Enjoy controlled cooling with our Phase Change Cooling technology called CoolPax™ One of several cooling technologies provided by TechNiche, our CoolPax™ line of products are used worldwide, from recovery efforts in Haiti to medical support efforts in West Africa when combating the Ebola outbreak.

引用:TechNiche LLC「COOL PAX」

 

ウルトラクール保冷剤とは

保冷剤ウルトラクールは、水や氷で14度に冷やすと凍ってしまう、特殊な保冷剤です。

0度で凍る氷と異なり、身体に優しい14度の温度で約2時間にわたり快適に冷やし続けます。

つまり冷凍庫でなくても、冷蔵庫やクーラーボックスに入れておけば固まり、14度の温度をキープします。
外気が14度以下であれば、外に出しておくだけど固まってきます。もちろん川の水なども同様です。

また冷えすぎないので、直接肌にあてても冷たさによる痛みなどありません。

冷たすぎないので、熱中症などの時に首の後ろや枕代わりに使用してもいいと思います。

実際に首などにあててみましたが、通常の保冷剤では冷たすぎて肌にあて続けることができませんが、この保冷剤はあてていても適度な温度で冷やしてくれて「痛い」ということはありませんでした。

この商品はもともと、シニアの方や多発性硬化症・無汗症などのご病気により、体温の調節が難しい方々が、快適に作業を行ったり生活を営んで頂くことができるようにと開発された商品です。

重さは水よりも20%軽く、保冷剤には毒性もありません。

クールパックス6パック

保冷剤を入れているパックはかなり頑丈で、車が踏んでも破裂しない強度があります。

こんな時に便利に使えます(野球の熱中症対策やアイシング)

まず快適な温度を長時間キープできるので、暑い状況での作業時など最適です。

アメリカでは消防隊の耐火服や軍用防護服の内側、陸軍・海兵隊・海軍・レンジャー隊、またテーマパークの着ぐるみなどにも広く使われております。

また野球練習時の熱中症対策として、クーラーバックに入れておき、脇や首元などを冷やしたり、クール枕としても活用できます。

保冷剤のみであれば、ピッチャーのアイシングにも使えますし、真夏の試合などベンチでキャッチャーのクールダウンや、ピッチャーのクールダウンなどにも重宝します。

長時間持続というところでは、お弁当の保冷にも最適。
パックは頑丈ですし、クールバックにいれておけば暑さによるお弁当の腐りなども予防することができます。

冷蔵庫で試してみました(れいぞうこ)です。

実際に冷蔵庫で試してみました。

冷凍庫(れいとうこ)ではありませんよ。

固まっていない状況は

クールパックスが溶けている状況

当然、液体状です。

そこから冷蔵庫に約30分いれておくと

クールパックスで30分冷蔵庫に入れたとき

ちょっと分かりづらいですが、丁度シャーベット状になっています。

触るとまだ柔らかいです。

そこからさらに30分

クールパックスを1時間冷蔵庫に入れた状態

合計1時間でかなり固まってきました。

カチカチという感じではありませんが、十分に保冷として使える状況ですね。

もちろん、冷凍庫(れいとうこ)であればもっと早く固まります。

クーラーボックスの中に入れておけばかなりもちますね。冷たさも程よいので

最後に

程よい温度の14度をキープする保冷剤として、様々な用途があるのですが、現在はベストやネック部分にクールパックスを格納できるタイプの商品が開発されています。

ウルトラクールも発売はまだなのですが、すでに複数の問い合わせ等をいただいています。

少年野球チームなどは、夏場の練習などで熱中症の対策が必須かと思います。

クーラーにいれておいて、いざという時に適温で冷やせる。枕にもできる。脇にもあてられるというのは非常に便利かと思います。

夏場の審判などでも、普通の保冷剤と違い溶けてビチョビチョになることもないので、ポケットなどの中に入れておいてもいいかもしれません。

また発売になりましたら、このブログにてご連絡します。