高校野球の公式試合で「白スパイク」が解禁。足元涼しくなるぞ!

令和元年(2019年)5月24日、高野連が遂に、高校野球公式戦での白スパイク使用を解禁。熱中症対策としても効果大!

高校野球公式戦で白スパイクの使用が可能に

もう数年前から噂になっていました、高校野球公式戦での「白スパイク」解禁。

遂に、高野連(公益財団法人 日本高等学校野球連盟)から令和元年(2019年)5月24日に正式に高校野球公式戦での白スパイク使用可能なアナウンスがありました。

ホワイトカラースパイクについて
高校野球用具の使用制限で規定していたスパイクのカラーについて、これまでブラックのみとしていましたが、熱中症対策として2020年度からはホワイトカラースパイクも使用可とすることに致しました。
引用:公益財団法人 日本高等学校野球連盟「ホワイトカラースパイクについて」より

早速内容を確認しましょう。

2020年度高校野球用具の使用制限(抜粋)
案令和元年5月15日

下線部追記、
変更8.スパイク

■マークの表記
<商標>
・商標はベロ部に1箇所のみ入れることが可能であるが、その大きさは(縦)3センチ×(横)5センチ以内とする。
・靴底部には10平方センチ以内の大きさで1箇所表示することができる。その色は靴底と同系色とする。

■カラーおよび、その他
<甲被>
・表面カラーはブラックまたはホワイト一色とする。
・表面 がブラックの場合、エナメル及び光沢のある素材は使用できない。ただし、天然皮革素材の自然な光沢感は可とする。
表面が ホワイトの場合、履口カラーは防汚のためブラック・シルバーの使用を可とする。
・校名・校章・氏名・番号などの表記はできない。

<ライン>
・ラインを両サイドにそれぞれ1箇所、 本体と同色で入れることができる。ライン部の表現方法は、本体素材と同一素材あるいは異素材による取り付け、型押し加工、プリント等を認めるが、光沢あるラインは認めない。

<靴底>
・甲被カラーがブラックの場合靴底本体のカラーはブラックを基調とし、その他に使用できるカラーはホワイト・ゴールド・シルバーとする。ただし、その面積は50%を超えてはならない。(レッド・ブルー・グリーンなどの際立った配色は使用できない。)
甲被カラーがホワイトの場合靴底本体のカラーはホワイト・ブラック・シルバーを基調とし、その他に使用できるカラーはホワイト・ブラック・ゴールド・シルバーとする。ただし、その面積は50%を超えてはならない。(レッド・ブルー・グリーンなどの際立った配色は使用できない。)
・靴底のクッション材(ミッドソール)カラーは、甲被のカラーと同色とする。
・革底の場合、底の本体カラーはブラックに加え、ブラウン系も使用できる。

白スパイク(ホワイトカラースパイク)の部分のみ赤字で記載しました。

気になる部分としては、

表面が ホワイトの場合、履口カラーは防汚のためブラック・シルバーの使用を可とする。

白スパイクの場合、スパイクの履口カラーをブラックとシルバーが使用できるようです。

イメージとしては

高校野球対応の白スパイクイメージ画像スタンダード

あくまでイメージとしてですが、上記のように履口がブラックで底もブラックなのが定番として各社ラインナップしてくるのではないでしょうか。

さらに

高校野球公式戦対応の白スパイク履口がシルバー

こちらは履口がシルバーのイメージ。ロゴのカラーを合わせるとかなりスタイリッシュになるようです。

 

ホワイトの場合、靴底本体のカラーはホワイト・ブラック・シルバーを基調とする

ホワイトの場合は、靴底(ナイロン底の場合)はカラーがホワイト、ブラック、シルバーが使えるようです。

さらに上記ポイントカラーとしてゴールドが使える!

甲被カラーがホワイトの場合靴底本体のカラーはホワイト・ブラック・シルバーを基調とし、その他に使用できるカラーはホワイト・ブラック・ゴールド・シルバーとする。ただし、その面積は50%を超えてはならない。(レッド・ブルー・グリーンなどの際立った配色は使用できない。)

どうしても高校野球公式戦で使える野球アイテムはデザイン性に乏しいので、底のどこかのパーツにゴールドなどを入れてもかなりいいのではないでしょうかね。

黒底だと

高校野球対応の白スパイクイメージ画像スタンダード

白底だと

高校野球公式戦対応の白スパイク底が白の場合

さわやかな感じがしますね。

さらにシルバー底だと

シルバーのスパイク底イメージ

白とシルバー系のコントラストがキレイになると予想。

 

いつから使えるようになるの?

使えるようになるのは、令和2年(2020年)3月20日(金・祝)からとなります。

となりますと、2020年の第92回選抜高等学校野球大会(春の選抜)から使用可能となりますね。

白スパイクを履いて、甲子園でプレーする選手が見れるのでしょうか?今から楽しみです。

 

今後の対応は?

高野連としては、まだこの白スパイクに関する情報を「現在のところ、同制限について別紙を変更案としております。」となっているため、変更などの可能性はありそうです。

特に今まで何年も「公式戦のスパイクは黒!」となっていたので、移行期間などは設けないと対応が難しいように思います。

ある程度の期間は公式戦に関しては、「黒」と「白」の混在も認めるなど必要かもしれませんね。

とにかく黒のスパイクは夏場は熱い!

白スパイクであれば実際に涼しいですし、メッシュや排気穴などがあればより快適に試合ができますね。

白は汚れが目立つので、洗える白スパイクがいいかも。

続報届きましたら、またお知らせします!