2019年New軟式バット速報!当然M号対応で野球屋がおすすめ評価します

2018年10月23日

どこよりも早く2019年モデルのM号対応軟式バットをお伝えします。さらなる「飛び」や「速さ」を追求したモデル多数。

2019年軟式バットM号対応おすすめ

2019年モデルのM号対応軟式バットが11月〜来年2月にかけて各社から発売されます。

発売に先駆けて、出せる情報はどんどん公開していきます!もちろん人気バットばかりですので、予約も随時開始していきますね。

M号球が発売されてすでに1年以上経過しています(2019年10月現在)

公式戦などでも使われているので、すでに慣れている選手も多いと思いますし、今までのA号やB号との違いも理解していると思います。

M号はB号よりは少し大きく、A号とほとんど変わりません。一番の変更点は「硬く」なったこと。

弾まなくなって、ピッチャーであれば結構変化がかかると感じた方が多くいらっしゃいます。

その硬くなったボールに対して2019年の軟式バットは、強い素材を使い、バットと接したときの反発を鋭く、早くする傾向が強いようですね。

ビヨンド系の打球面がやわらかいバットもウレタン素材の配合を変えて、硬めに設定していたり、新しい素材を挟んでボールの硬さに対応しています。

2018年でかなりM号球の実績が積み上がったので、各社「飛ぶ」要素満載のモデルを投入してきています。

 

大人気の2019年モデル「カタリスト」とビヨンドとカタリストを足して2で割ったバット「ニュートロン」は別記事にて特集してるので、下記のリンクから御覧ください。

2019年モデルのカタリストとニュートロンはこちらの記事から!

 

ゼットのバトルツインが更に進化、「バトルツインマックス」

ZETT ゼット 軟式 野球 バット ブラックキャノンMAX マックス M号球対応 トップバランス BCT359

昨年バトルツインZ2が発売され、その破壊力に多くのユーザーが虜になりました。そのブラックキャノンシリーズが更に進化し、「マックス」として2019年に発売されます。

ブラックキャノンの代名詞とも言える「三重管」構造に磨きをかけて、一番内側にある内管をさらに薄くし、瞬時に反発するようになっています。

もちろん三重管の間には特殊ラバーが入っています。

ブラックキャノン三重管の構造図

また、去年発売されたブラックキャノンZ2はジョイント方式を採用していたのに対し、マックスはメガハイブリッド構造を採用しており、打撃部側と比較して、グリップ側の強度を上げることでインパクト時、バットの逆反りを抑え、スイングパワーをロスなく生かすことができます。これにより三重管+ラバーのトランポリン運動を促進することが可能です。

ブラックキャノンマックスのメガハイブリッド構造2

ジュニア用の記事でも書きましたが、ブラックキャノンマックスの打撃部とグリップ部の接合部分ですね。実際に触ってみましたがつなぎ目など全然ないです。

溶接かなにかでかなりガッチリと接合されているのでしょうね。強度も問題なさそうです。

また接合部はゴムにてカバーしているので、打撃時のしびれ対策にも一役かっていますね。

表面が硬いのバントなどもやりやすいと思いますが、このバットはやはりスラッガー系。4番や5番で長打を狙う選手向きですね。

とくにスイングスピードが早い選手にはぴったりなのではないでしょうか。スイングパワーをそのまま伝えて強烈な反発力で打ち返すことができます。

「ブラックキャノンマックス」のスペック

●メーカー品番:BCT359
●カラー:ブラック(1900)
●サイズ
・83cm/710g平均(BCT35903)
・84cm/720g平均(BCT35904)
・84cm/770g平均(BCT35984)
・85cm/780g平均(BCT35985)
●トップバランス
●素材:打球部側/FRP(カーボン)グリップ側/FRP(カーボン)
●グリップ:ノンスリップPU製テープ(厚さ1.0mm)
●専用バットケース付き
●ハイブリッド構造
●打撃部三重管構造

ZETT ゼット 軟式 野球 バット ブラックキャノンMAX マックス M号球対応 トップバランス BCT359
ベースマンショップ 楽天新ロゴ ベースマンヤフーショップ
ZETT ゼット 軟式 野球 バット ブラックキャノンMAX マックス M号球対応 トップバランス BCT359
ベースマンで
CHECK!
ZETT ゼット 軟式 野球 バット ブラックキャノンMAX マックス M号球対応 トップバランス BCT359
楽天ショップで
CHECK!
ZETT ゼット 軟式 野球 バット ブラックキャノンMAX マックス M号球対応 トップバランス BCT359
yahooショッピングで
CHECK!

 

 

アディダスから高反発カーボンを使用した軟式バット「エアロハンマー」が登場。長尺の87cmスペックがあります

アディダス 野球 軟式 バット カーボン ドライビングバット エアロハンマー AERO HAMMER

アディダスから超々硬カーボンを使用した軟式バットが発売されます。

その名もエアロハンマー。空気金槌ですよ。

2018年に大人気だったロケットバレルの後継モデルとなります。ロケットボールズはホワイトベースのかなり思い切ったデザインでした。
ボールの後がかなりついたのではないでしょうか!?

アディダス軟式バット「ロケットボールズ」

これです。グリップまでホワイトですから、かなりのインパクトですね。

 

今回はカーボン繊維をイメージしたいかにも飛びそうなデザインとなっています。

アディダス 野球 軟式 バット カーボン ドライビングバット エアロハンマー AERO HAMMER FTJ27 アディダス 野球 軟式 バット カーボン ドライビングバット エアロハンマー AERO HAMMER FTJ27

昨年のロケットボールズからは素材が変わっています。

ロケットボールズは三菱ケミカル社製の「TR50」というカーボン素材を使用していました。これはこれですごい跳ね返りがある素材なのですが、今回のエアロハンマーは「TR60」というTR50よりも約30%硬く、ボールがバットに当たったときの反発性能が高い素材になっています。

めちゃくちゃ硬く、きっちりと芯に当ててあげないと飛ばないので、上級者向けのバットになります。

さらに、このバット「87cm・680g」のスペックがあります!

87cmで重量が平均680gですから、長尺なのにかなり軽い部類に入るバットです。

長くても取り回しやすいスペックになりますね。

まるでノックバット。でも打撃部はしっかりと太さがあり、遠心力も加わるので、芯をくえばかなり飛ばせるスペックになりますね。

軽いのでヘッドの返りが早く、ボールを弾き飛ばす性能に優れているハイスペックの超硬・高反発のM号対応の次世代モデルになります。

非常に硬く再現性の早い特性により、乗せて飛ばす系のプレイヤーよりも、スイングスピードの早いプレイヤーに最適。

強く遠くへ飛ばすために開発された超々硬カーボンバットです。

エアロハンマー ヘッドキャップとグリップエンド

ヘッドキャップも流線型です。

ヘッドキャップの形は結構重要で、頑丈さも重要なのですが、ボールがバットに当たったときにヘッドキャップもたわみます。

その時の戻り具合が反発力に変わるのですが、この右旋回の形はボールが当たってもパワーを溜め込んですぐに弾き返すのに最適な形状ですね。

また振り抜きやすさも抜群の形状です。

アディダス「エアロハンマー」のスペック

●メーカー名:アディダス(adidas)
●シリーズ名:AERO HAMMER(エアロハンマー)
●メーカー品番:FTJ27
●カラー:ブルー×シルバー(DU9647)、ブラック×シルバー(DU9648)
●サイズ 83H(83cm・660g平均) 85H(85cm・670g平均) 87H(87cm・680g平均)
●直径:Φ66mm
●素材:超々硬カーボン「MR60」(三菱ケミカル社製)
●ヘッドバランス(=トップバランス) 

アディダス 野球 軟式 バット カーボン ドライビングバット エアロハンマー AERO HAMMER FTJ27
ベースマンショップ 楽天新ロゴ ベースマンヤフーショップ
アディダス 野球 軟式 バット カーボン ドライビングバット エアロハンマー AERO HAMMER
ベースマンで
CHECK!
アディダス 野球 軟式 バット カーボン ドライビングバット エアロハンマー AERO HAMMER
楽天ショップで
CHECK!
アディダス 野球 軟式 バット カーボン ドライビングバット エアロハンマー AERO HAMMER
yahooショッピングで
CHECK!