野球でボールをカッ飛ばし続けるなら、軟式も硬式も木製バットで練習がベスト

芯で捕らえる練習は硬式も軟式も木製バットが一番

硬式も軟式も、野球を続けていくならバッティング練習は木製バットがベスト。途中の「壁」にぶつかりにくくなります。

最近のバットの性能は飛躍的に向上しており、特に軟式野球ではビヨンドなどに代表される高性能複合バットがあるので、選手の技術や力以上に打球の飛距離が伸びていきます。

ヒットやホームランがたくさん生まれること。それはいいことなのですが、このような高機能バットばかり使い続けていると必ず「壁」にぶつかります。

軟式の場合、中学まで軟式で高機能バットを使用し、高校からは硬式で金属バットを使う場合。
硬式の場合は、高校卒業後に大学などでも野球を続けていく場合。いわゆる「金属から木製への壁」があります。

野球を続けていく上で、その壁を超えるのは結構大変という声をよく聞きます。
そこでいつまでも「カッ飛ばし」続けるために、軟式でも硬式でも、もちろんジュニアや中学でも木製バットを使って練習することをオススメします。

野球バットの芯の広さ比較

一般的に木製バットよりも、金属バットの方が芯が広く遠くに飛ばせると言われています。
さらに軟式野球の場合、学童や中学軟式・草野球などは非常に反発力のあるビヨンドやカタリストに代表される高機能複合バットはさらに芯が広いです。

バットの芯の広さを比べると

ビヨンドなどの複合バット > 金属バット > 木製バット > ラミバット

ということになります。

野球バットの芯の広さ比較

軟式の高機能なウレタンやカーボンなどを使用したバットは芯が広く、極端にはバットの先っぽとグリップエンド側以外は全部「芯」みたいなバットもあります。
それはそれで、ヒットが生まれて楽しいとは思いますが、将来的に軟式から硬式へ、高校野球から大学そしてプロへと目指す場合、芯が広いバットに慣れてしまっているために、木製バットの芯を捕らえるまでに苦労します。

芯が狭いバットは当然、バッティング技術が必要になります。
ミスすると、ボテボテのゴロなどしか打てません。さらに木製の場合は折れたり、かなりしびれたりします。

それであれば、トスバッティングやティーバッティングなどの練習時には木製バットを使用してボール1つ分ぐらいしかない狭い「芯」に当てる練習をしておけば、試合で金属などを使っても芯で捕らえることができます。

もちろんトレーニングバットではなく、通常の硬式 軟式木製バット(BFJマーク付き)のバットであれば、ピッチャーが投球したボールを打って練習もできます。

木製バットよりラミバットの方が丈夫で芯が狭いので練習にはもってこいなんじゃないかと言われそうですが、ラミバットは木製バットよりも芯が狭いので、もともと木製バットを使っていた選手が練習用に使うのはいいのですが、いきなりだと少々難しい部分があります。
バッティング練習時には木製バットの方が芯の捉え方をマスターするのに適していると言えます。

 

U-18国際大会でJAPANが勝てないのはバットのせい!?

硬式野球の話になってしまいますが、日本では硬式の高校野球が非常に盛り上がり、活躍した選手はU-18世界選手権などに選ばれ出場します。

日本全国の約4,000校の高校から選ばれたメンバーですが、なぜかあまり活躍できません。
2018年第12回 BFA U18アジア選手権では、優勝「韓国」、準優勝「チャイニーズタイペイ」、そして日本が3位。
2017年第28回 WBSC U-18ベースボールワールドカップでは、優勝「アメリカ」、準優勝「韓国」、そしてここでも日本が3位。

この原因はバットによるところが大きいと言われています。

日本の高校野球の場合、ほぼ100%金属バットを使用します。

しかし韓国や台湾などは木製バットを使用しております。アメリカは木製バットか木製バットと同じぐらいの反発係数にした低反発バット(BBCOR.50)を使って練習しています。

練習で常に木製か木製に近いバットを使っていて、打ち方などもなれている海外のU-18選手と高反発な金属で多少ミスしても飛んでいくバットでは当然結果に違いが出て当然です。

さらに金属から木製に変わったときに違うのは、
グリップ部分です!

木製バットにもパインタール(松脂)や表面をザラザラにした加工などは認められているのですが、金属バットはバットグリップテープがあり、さらにバッティング手袋を使うことが多いので、基本滑らないようになっています。
木製バットだと無意識のうちに滑るイメージになり、力みが生じてしまいます。
バッティングで力むとどうなるかは、すでにご存知の方が多いと思います。
当然、芯で打つことができませんよね。

 

木製バットの「芯」部分で当てることができれば「カッ飛び」ますよね?

さて先に図解してた各バットの芯の比較ですが、もう一度見てください。

野球バットの芯の広さ比較

木製バットの芯部分を金属バットや高機能バットに当てはめてみると

木製バットの芯部分

どうですか?バットの遠心力が加わり「一番飛ぶ芯の位置」になりますよね。

練習の時に木製バットを使ってほしいのは、実はこれが目的です。
ビヨンドや金属など芯が広いといっても、一番飛距離がでる芯の部分で打つのがいいのです。

どんな投球でもこの一番飛距離が出る芯の部分で打つ練習ができていれば、木製バットで練習し、試合で金属バットなどに戻ったときに飛距離伸びたり、ヒットになる確率が上がったりするのは予想できると思います。

実は金属バットも木製バットもスイング自体はそれほど変わりません。
ですので、練習で木製・試合で金属でも違和感なく練習の成果を発揮することができます。
違うといえば木製バットは打球がバットに当たったときに「しなり」ます。
このしなり加減が金属と違う部分ですね。打感が決定的に違います。

金属バットの場合、芯が広く多少外したとしても金属の反発力とスピン性能で飛距離を稼げます。道具で飛距離を買っている状態ですね。
ヒットが出るので「このスイングでOK」と考えがちになってしまいます。

木製バットで打撃練習すると、実はもっと飛ばせる「芯の位置」があることに気が付くことができます。
道具の性能に頼らないで、自分自身のバッティング技術を確立することができれば、いろいろなギャップを乗り越えることができます。

 

実は木製バットはピッチャーや野手にもいいんです。

バットの話なので、ついついバッティングのことばかりになってしまいましたが、実は木製バットを使っての練習はピッチャーや野手にもいいんですよ。

木製バットはしっかり芯をとらえないと飛びません。
ですのでヒットかな?と思った打球でもフライやゴロになるので、思いっきりストレート主体でストライクをどんどん投げ込むことができます。

中学の時などはストライク主体でを投げる方がいいんです。球数も減って、肩、肘の負担も軽くなりますからね。
変化球などは、上のクラスにいってから覚えれば十分です。怪我で野球を諦めたくないですから。

野手も木製バットの打球は比較的ゆるいので、ピッチャーが投げる実戦形式のゲームノックのような練習ができます。ボテボテのゴロなども多くなるので、前へのチャージや素早い握り変えの練習にもなります。

 

木製バットで練習してみようかな?という選手に一つだけ約束があります(板目と柾目の違い)。

すでに木製バットを使用している選手であれば知っていることだと思いますが、木製バットはボールを打つ面が決まっています

木でできているバットですので、木目があります。
まっすぐな木目が「柾目(まさめ)」
曲がって少し楕円形の年輪木目があるのが「板目(いため)」と言います。

実際に木製バットで見てみましょう。

木製バットの打球面「柾目」

木製バットの打球面「板目」

木材の種類にもよるのですが、ロゴが印刷されている面とその裏側が「板目」となり、「柾目」よりも強度がないため打球を打ってはダメです。

逆に「柾目」はストレート木目でしなるので、こちら側で打球を打ちます。

ただアメリカのバットメーカー「ロックバット」によると、メイプルバットは、逆に板目の方が強度が10%~18%強く、飛びが良いという研究結果が出ています。
日本の木製バットメーカーでもある「ヤナセ」もこの考えに同調し、メイプルバットのみ逆になっています。

これはメイプルの生息地による違いがあるのだと思います。
北米メイプルは成長が遅く、目がつまっているためにどちらの面でも強度が確保されていますが、例えば暖かい地域のメイプルであれば結果が同じになるかは疑問です。

木製バットメーカーは使う木材の特性や地域などを熟知しているので、その素材に適した面での打撃を推奨しています。

つまりどの木製バットを使っても「ロゴのある面とその裏側では打たない」ことを徹底すればいいのです。

 

木製バットにグリップテープを巻いて使うのがいいかも。

さて実際に木製バットを使用して練習してみようと思った時に、一つオススメがあります。

市販されているグリップテープを巻いて練習してみてください。

木製バットにグリップテープを巻く

メジャーの選手ではかなりの確率で木製バットにグリップテープを巻いている選手が多いです。

有名なところでは、レッドソックスのムーキー・ベッツ選手や引退してしまいましたが同じくレッドソックスのビックパピー「デビッド・オルティズ」選手もグリップテープを巻いてましたね。

初めて木製バットを使うときに、先にも書きましたがニスは塗ってありますが、どうしても「滑る」印象があり強く握ってしまいがちです。

グリップテープを巻くことで、金属との滑りの感覚差をなくしてあげて、力みのないスイングをサポートできます。

また木製バットは芯を外すとしびれます。グリップテープにより、そのしびれを少しでも解消できます。

日本のプロ選手はいわゆるパインタール(松脂)や滑り止めのスプレーを使うことが多いのですが、パインタールはかなりベトベトします。
アマチュアが使うとなるとメンテナンスなども大変なので、やはりグリップテープがオススメです。

MLBでは「リザードスキンズ」のグリップテープがよく使われています。トカゲのように雨でも滑らないので、その名前がついたグリップテープです。

野球用グリップテープ滑らない、デザイン最高、高機能なLizard Skins

リザードスキンズは1993年に自転車用アクセサリーのハンドルグリップテープ(バーテープ)の販売を開始し、ロードバイク用のバーテープとして、DSP(DuraSoftポリマー)が非常に高評価を得ました。

 

軟式木製バット

ご存知ない方もいらっしゃるのですが、軟式にも専用の木製バットがあります。
硬式用より少し軽めです。

バットの中身が中空なタイプが多いのですが、最近は目が詰まったタイプの軟式木製バットも出てきています。

軟式木製バットプロメイプル

ルイスビルスラッガーの軟式木製バットは原木の状態で確保した木材から作られており、くり抜きがなく弾きが良いのが特徴です。

ルイスビルスラッガー軟式木製バット19年モデル

ミズノからも軟式木製バットが定番で出ています。

ミズノ軟式木製バット

軟式用ですので重さも平均730gと金属バットと同じぐらいです。

ミズノはジュニア用の軟式木製もラインナップしています。

ミズノジュニア用軟式木製バット

プライスも4,300円前後となり手に入れやすいです。
ジュニア用ですので重量が平均600gと少し重めです。トレーニングバット兼用といったところでしょうか。
学童高学年に適していますね。

 

 

硬式木製バット

実は硬式木製バットに関しては、以前かなり詳しく解説した記事をアップしております。
こちらを見てもらえば、木材の特性から自分に合うバット選びの参考になりますので、興味のある方はぜひ見てください。

硬式木製バット

NEW硬式木製バットを極める。弾いて打つか、乗せて打つか。

大学野球、社会人やプロ、そして最近では高校野球でも使われている硬式木製バットの材質や形による特徴を徹底解説。
硬式木製バットといえば、大学野球や社会人、プロが主に使いますが最近では将来を見越して高校から使っている選手も出てきました。

 

最後に

軟式であればウレタンやカーボン系のバットの方が飛びます。硬式も金属が飛びます。

ただどうしても「道具で飛距離稼いでいる」ことになり、バット本来のもっとも飛ぶ「芯」に当てる技術は木製バットでの練習がいいと思います。

ずっと野球を続けていく、プロを目指すなら壁にぶつかる前に取り入れておきたい練習方法です。

しっかり打たないと、飛ばないですし打球もゆるくなるので、安全面も向上します。